【京都】その人史上最高の1枚を撮る「パーフェクト・ポートレート」ゼミNEO

12名様

【スケジュール】
・月1回 「講義/実践撮影会」(全180分(3時間)*小休憩含む)×3ヶ月
– プロカメラマンの本気の現場を見る〜アシスタントとして学ぶ〜
– 撮影会〜実践してみる〜
・月1回 「講評会」(オンラインを予定/全120分2時間*小休憩含む)×3ヶ月
– 講評(120分)

■1ヶ月目
撮影会:2024年4月14日(日)10:00〜13:00
講評会:(日程調整中)

■2ヶ月目
撮影会:2024年5月12日(日)10:00〜13:00
講評会:(日程調整中)

■3ヶ月目
撮影会:2024年6月9日(日)10:00〜13:00
講評会:(日程調整中)

※撮影会に出席が難しい方は、1回は毎月開催のパーフェクトポートレート講座、もしくはモデル撮影会にお振替が可能です。

◾️展示会
6/29(土)~7/7(日)9日間
(祇園・京都天狼院内特設スペース)
*期間が変更になる可能性もございます

【参加費】
一般 33,000円 × 3ヶ月 = 99,000円
天狼院読書クラブ会員 23,100円 × 3ヶ月 =69,300円

*スタジオ撮影では、別途スタジオ利用料を頂戴いたします
*撮影会のモデル代を含む

定員:12名様

場所:
実践撮影会・・・撮影場所 京都市内某所
講義/講評・・・通信

*コミュニティ参加料含む/講義講評動画視聴権付
*会員サービス「天狼院読書クラブ」にお入りいただくと、受講費割引でご参加いただけます。
*お支払いは、銀行振込、店頭ご一括、もお選びいただけます。
*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
*お客様都合による返金はいたしかねますのでご了承ください。
*単講座のみの受講はできません。

写真展での作品発表を目指す「パーフェクト・ポートレート・ゼミNEO」

目的:写真展(グループ展)で発表する作品を制作できるようになる。

▢月1回 「実践撮影会」(全180分※休憩含)×3ヶ月
テーマ:
 DAY1/1ヶ月目:光と影の習得/グラデーション
 DAY2/2ヶ月目:コミュニケーションの習得/インタラクティブ性
 DAY3/3ヶ月目:作家性の習得/自分の色を見つける

最終課題:写真展(グループ展)の作品制作
※場所代は講義費用内に含まれていますが、印刷代・額装代などはご負担下さい。

▢月1回 「講義/講評会」(全120分※休憩含)×3ヶ月
※作品に対する講師からのフィードバックの関係上、および、写真展のスペースの関係上、1クラス12名様限定となります。

▢パーフェクト・ポートレート・ゼミ写真展
期間:
 春期〔4/29(月)〜5/12(日)14日間/夏期〔6/29(土)~7/7(日)9日間〕
 秋期〔10/5(土)~10/13(日)9日間)/冬期〔12/28(土)~1/5(日)9日間〕

場所:
 *東京:渋谷宮下パーク/天狼院カフェSHIBUYA
 名古屋:久屋大通公園/天狼院書店「名古屋天狼院」
 京都:祇園/天狼院書店「京都天狼院」
 福岡:天神/天狼院書店「福岡天狼院」
※個展ご希望の方:関東は湘南天狼院、そのほかの地域は上の会場を定価(¥55,000/週)より30%OFFの特別料金¥38,500/週でご利用いただけます。ただし、時期のご希望に添えない可能性があります。
※写真の印刷/プリント代は、各自のご負担となります。

【京都】その人史上最高の1枚を撮る「パーフェクト・ポートレート」ゼミNEO

「撮影」✕「講評」で着実にスキルアップする3ヶ月コース!
通常価格 セール価格 値引き
/
(税込) 天狼院読書クラブに入会していただくとお得にセミナーに参加できます。
※読書クラブについてはこちらから

区分

今だけ特別早期割引15%OFF!

❏天狼院ポートレート・ゼミのポイント

・天狼院写真学校が、リニューアル!
・スタジオでの光の作り方や、撮影機材の使用方法、モデルとのコミュケーションまで!実践で使えるプロカメラマンの技が学べる!
・毎月のモデル撮影+講評でポートレート撮影を実践的に学べる!
・最後に、京都祇園の京都天狼院で展示会を行います!
・自身の色を見つけて、カメラマンとして写真家として活動できるようになる!
・これまでのゼミ生からは、天狼院書店公式の講座の講師、SONYプロサポート合格者などを輩出!

もっと見る 元に戻る

12名様

【スケジュール】
・月1回 「講義/実践撮影会」(全180分(3時間)*小休憩含む)×3ヶ月
– プロカメラマンの本気の現場を見る〜アシスタントとして学ぶ〜
– 撮影会〜実践してみる〜
・月1回 「講評会」(オンラインを予定/全120分2時間*小休憩含む)×3ヶ月
– 講評(120分)

■1ヶ月目
撮影会:2024年4月14日(日)10:00〜13:00
講評会:(日程調整中)

■2ヶ月目
撮影会:2024年5月12日(日)10:00〜13:00
講評会:(日程調整中)

■3ヶ月目
撮影会:2024年6月9日(日)10:00〜13:00
講評会:(日程調整中)

※撮影会に出席が難しい方は、1回は毎月開催のパーフェクトポートレート講座、もしくはモデル撮影会にお振替が可能です。

◾️展示会
6/29(土)~7/7(日)9日間
(祇園・京都天狼院内特設スペース)
*期間が変更になる可能性もございます

【参加費】
一般 33,000円 × 3ヶ月 = 99,000円
天狼院読書クラブ会員 23,100円 × 3ヶ月 =69,300円

*スタジオ撮影では、別途スタジオ利用料を頂戴いたします
*撮影会のモデル代を含む

定員:12名様

場所:
実践撮影会・・・撮影場所 京都市内某所
講義/講評・・・通信

*コミュニティ参加料含む/講義講評動画視聴権付
*会員サービス「天狼院読書クラブ」にお入りいただくと、受講費割引でご参加いただけます。
*お支払いは、銀行振込、店頭ご一括、もお選びいただけます。
*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
*お客様都合による返金はいたしかねますのでご了承ください。
*単講座のみの受講はできません。

写真展での作品発表を目指す「パーフェクト・ポートレート・ゼミNEO」

目的:写真展(グループ展)で発表する作品を制作できるようになる。

▢月1回 「実践撮影会」(全180分※休憩含)×3ヶ月
テーマ:
 DAY1/1ヶ月目:光と影の習得/グラデーション
 DAY2/2ヶ月目:コミュニケーションの習得/インタラクティブ性
 DAY3/3ヶ月目:作家性の習得/自分の色を見つける

最終課題:写真展(グループ展)の作品制作
※場所代は講義費用内に含まれていますが、印刷代・額装代などはご負担下さい。

▢月1回 「講義/講評会」(全120分※休憩含)×3ヶ月
※作品に対する講師からのフィードバックの関係上、および、写真展のスペースの関係上、1クラス12名様限定となります。

▢パーフェクト・ポートレート・ゼミ写真展
期間:
 春期〔4/29(月)〜5/12(日)14日間/夏期〔6/29(土)~7/7(日)9日間〕
 秋期〔10/5(土)~10/13(日)9日間)/冬期〔12/28(土)~1/5(日)9日間〕

場所:
 *東京:渋谷宮下パーク/天狼院カフェSHIBUYA
 名古屋:久屋大通公園/天狼院書店「名古屋天狼院」
 京都:祇園/天狼院書店「京都天狼院」
 福岡:天神/天狼院書店「福岡天狼院」
※個展ご希望の方:関東は湘南天狼院、そのほかの地域は上の会場を定価(¥55,000/週)より30%OFFの特別料金¥38,500/週でご利用いただけます。ただし、時期のご希望に添えない可能性があります。
※写真の印刷/プリント代は、各自のご負担となります。

2024年より、「天狼院写真学校」フルリニューアル!
最後は、祇園・京都天狼院での写真展も行います!

天狼院には「パーフェクト・ポートレート講座」という大人気講座があります。
撮影前の準備から、モデルさんを囲んでの実践的なスタジオ撮影、最後は仕上げのレタッチまでをギュギュッと濃縮して1日で学ぶことができる。その名の通り、”パーフェクト”なポートレート講座。

詳細はこちら
《天狼院パーフェクト・ポートレート講座》
※こちらも24年よりリニューアル予定!

2016年の開催から累計ご参加人数は1300名様を突破しました!!
内容構成もさることながら、すごいのはその道の第一線で活躍するプロフェッショナルに直接ご指導いただけるということ

その講義内容は超実践的! 
カメラマンとして心構えから、現場で使える技術まで。

第一線で活躍されているからこそわかるリアルな部分を教えていただけます!

「カメラの使い方」から「現場でのコミュニケーション」「撮影スポットの見つけ方」「その場に合わせた機材の選択」などなど本にはなかなか載っていない生の声を学ぶことができるのです!

こちらの講座を通して、天狼院店主の三浦は、プロカメラマンに!!
ソニー・イメージング・プロサポート会員。秘めフォト専任フォトグラファー。として活躍! TVにも取り上げられました!

様々なシチュエーションに出くわすたびに

絞りや露出はわかるようになってきたけど、モデルさんを綺麗に見せるライティングはどうしたらいいの?
・そもそも機材は何が必要なの?
・機材は買ったけど、どうもうまく使えている気がしない。
・レンズの特性も、いまいちわからない。
・いつも、いい写真を撮ろうと張り切るんだけれども、なんだか、いつも同じような写真になってしまう。
・今回こそはいい写真がたくさんあっただろうと思っても、家でパソコンで見てみるとピントがずれていて、写真が使えない。

・外で撮影をしたいけど、どこで撮影するのが良いかの判断が難しい。

など、撮れば撮るほどに次々と課題が出てきます。

どんな場でも対応できる力をつけたい!
自分のイメージ通りに画を作れるようになりたい!
もっともっとポートレートを上達させたい!!!

というわけで、東京のポートレートゼミを担当されている榊先生にご相談。
するとこんな答えが返ってきました。

「僕の師である森山大道先生も言っていたけれど、『写真は量が質を凌駕する唯一の芸術』。
とにかく撮りまくることが必要かな。あとは撮った写真を必ず人に見せること。自分だけの目で見ていて変に「上手く」なってしまうといつまでも同じような写真しか撮れなくなってしまう」

この言葉に思わずドキリとしてしまいました。

今まで撮影の時に、構図など型ばかり気にして、シャッターをなかなか押せてなかったかもしれない。
撮り方のセオリーばかり考えて、その場その場の応用力がなくなってしまっていたかもしれない。

今改めて、

・量を撮る
・写真を人に見せる

を実践する場が欲しい!!

そしてあわよくば、

プロカメラマンに指導いただきながら撮影して、
写真も講評して欲しい!!

なんとこの度こんなわがままを快く聞いていただき、

「パーフェクト・ポートレートゼミ」開催が決定いたしました!!

毎月様々なシチュエーションでの「撮影会」、撮った写真を後日講評していただく「講評会」を開催していきます!

単発の講座ではなく、
学んで、撮って、見せて、学んで、撮って、見せて と、上昇スパイラル的に
どんどん技術を向上させていく3ヶ月間です!!

今までの受講生の皆様が
数々の賞を受賞!中には、某雑誌の表紙の撮影のお仕事が来た方もいらっしゃいます。

中には、

SONYプロサポートに合格され、天狼院書店公式の企画で
写真館を始めた方もいらっしゃいます!
「森団平写真館」湘南天狼院からいくフォト散歩:森団平氏)

それくらい実践的な内容ですが、
なかなか全回参加するのが難しいという方もご安心を。
撮影会に出席が難しい方は、1回は毎月開催のパーフェクトポートレート講座、もしくはモデル撮影会にお振替が可能です。

講義/講評会は通信にて開催。全国どちらにいてもご参加いただけます!
先生を囲んでゼミの仲間で写真について語り合う会とできればと思います!

リアルタイム受講だけでなく、インターネットのある環境で、動画や音声でいつでも受講できます。また、理解が足りなかった回は、何度でも受講できます。

「その人史上最高の1枚」を撮るには何が必要なのかを講義で教えてもらい、
「その人史上最高の1枚」はどう撮ればいいのかを実際に撮影を通して教えてもらい、
「その人史上最高の1枚」をどう仕上げればいいのかご自身の写真を講評してもらう



まさに、パーフェクトなゼミ!!

撮影では、ここでしか聞けない先生おすすめの撮影エリアスポットも教えていただけます!

もちろん、使いたいものがある方は、持ってきて下さい。
クリップオンストロボでも、モノブロックでも!

しかも、毎回撮影モデルさんにも来ていただきます!!
先生の撮影の様子を見て学びつつ、様々なシチュエーションで実践的に学びながらどんどん撮影していきましょう!

そして3ヶ月後には・・・

祇園で写真展を行います!!

京都天狼院にて、受講生の皆様によるグループ展を開催!


京都の中心地とも言える祇園です!!
なかなかご自身の作品を発表する機会のなかった方には、絶好の機会になることかと思います。

プロに学び、鍛え、作品発表までできる。
まさに「パーフェクト」なゼミになりました!

講評と展示スペースの関係上、【12名】様の限定募集になります。
これは、早い者勝ちかもしれません。

お早めのご参加をお願いいたします。

講師プロフィール

中尾 歓都己(ナカオ カツミ)

京都生まれ。サラリーマンを経て、カメラマンを目指し、渡仏。数々のカメラマンに師事し、その後、独立。現地にて、雑誌を中心に活動、拠点を東京に移し、その後、京都へ。2005年に㈲中尾写真事務所設立、広告、雑誌を中心に活動中。

”プロと、そうでない人の違いとはなんだろうか”

フォト部に参加されるカメラが趣味の皆さん。中にはプロ顔負けの最新機材を持ってらっしやる方もいます。
一方で新しい機材についてはなかなか疎くってと、昔からのカメラを愛用しているプロもいます。

休みの日はとにかくモデルさんを呼んでスタジオで撮影しているというお客様もいます。
一方で、プライベートでは一切カメラを持ち歩かないと言うプロもいます。

しかし、その写真や、実際の撮影風景を見ると、写真を趣味としていく人と、生業としていく人のとの間にはやはり大きな差があるように感じるのです。
機材の差でもなく、カメラと触れ合う時間の差でもない。

いったいそこには何の違いがあるのでしょう。

京都天狼院フォト部の先生としてお越しいただいている中尾歓都己先生は、ふだん、数々の著名人や、某有名雑誌、広告写真など、その世界の第一線で活躍されています。(著名人の方々や、みなさんも一度は見たことがあるような広告の写真を私も何枚も拝見させていただきました!)

お写真を拝見した時、ただただ先生が”プロ”であることを納得させられてしまいました。

すごいのは作品の完成度だけではありません。
聞けばその写真一枚一枚について、

どのカメラで、どのレンズを使って、どんな状況下で、だいたいどんな設定で、クライアントの要望に答えて何を意識して撮ったのか。
今まさに撮っているかのように細かく説明してくださったのです。

そこで、ハッとしました。
私自身今まで風景やポートレート、スナップ、物撮りなど、様々な写真を撮ってきましたが、
撮影されて1枚について、それをどう撮影したのかを詳しく説明ができるだろうかと。
ただ、数を多く撮ることを繰り返し行って、数ある写真中から偶然の一枚に満足しているだけではないかと。
撮りたいイメージがあって、それを再現しようとした時に、迷いなくシャッターを切ることができるだろうかと。

そう、プロカメラマンとアマチュア。そこには写真の”再現性”という大きな壁がありました。
クライアントからのオファーを受けて、写真を撮影していくプロカメラマンは、いくら使っている機材が良くても、いくら枚数を日々撮っていても、イメージ通りの写真に仕上げる「再現性」がない限りは仕事の依頼はきません。

今まで、撮りたい! と思う被写体があって、ファインダーを覗き込んだあとに後に迷ってしまう、ということや、
モデルさんとのコミュニケーションにも迷ってしまったり、
表情や、ポージングが変わるたびに、撮影したい写真がわからなくなってきて、いつの間にかそのモデルさんの”キメ顔””キメポーズ”ばかり撮ってしまう。モデルさんに”写真を撮らされている”という状況になってしまう……ということばかりでした。

最終的に、撮った写真の中からいいと思ったものだけをピックアップして満足してしまっていました。

「ファインダーを覗いてからでは遅い。撮りたい写真のゴールを定める。その上で己を知り、相手(被写体)を知り、秘策を立てる。このプロセスが大事」

とズバリ中尾先生はおっしゃいます。

そう、数多く撮った中から偶然の一枚を選んでいるようではプロとはいえません。
では、撮りたいイメージを決めて、それを「再現する」ことができるようになるには一体どうしたら良いのでしょうか?

写真の再現性をいかに高めていくには一体どうすればいいのか?

中尾先生に「ポートレート撮影の基本」から、徹底講義いただきます!

特に「光と影」にフォーカスを当てていきます。

「光」は写真を構成する一番大きな要素です。
しかし、一言に言っても「光」には様々な種類があります。
自然光に定常光。カメラに取り付けるストロボに強い光を放つ大きなストロボまで、それぞれ性質全く違う。
どこに向かって、光を当てるのか。他に使う機材はあるのか。正しい扱い方はあるのか。
光を使いこなすには様々な条件をすべて計算していかなくてはいけません。

なんとなくその場の光に合わせて写真を”撮らされる”のではなく、その場の光を読んで自分の写真を”撮れる”ようになりたい!

というわけで、今回はいくつか照明機材も準備します。
もちろん、使いたいものがある方は、持ってきて下さい。
クリップオンストロボでも、モノブロックでも!

当日は、プロカメラマンの中尾さんが普段使用されている、プロ用の照明機材を用意しますのでお楽しみに。
この組み立て方や、使い方も、一から教えてもらいましょう!

もちろん、機材撮影だけでなく、自然光での撮影もレクチャーいただきます!
ご自身の撮影したい写真は何かイメージした上で、”光”を選択して撮影していきましょう!


最近見た商品