超実践「起業ゼミ」

◯こちらの講座は、収録された「”自分のビジネス”を創り上げる超実践「起業ゼミ」」の動画を視聴する、動画受講の形式となります。

■参加費:

一般:¥120,000(税込)

■受講形式
動画受講のみ

*インターネットが整った環境であればお好きな時間にお好きな場所で受講頂けます。

■動画視聴期間
お申込みから1年間

*お申込みから3日以内にご案内メールをお送りいたします。
*「天狼院読書クラブ」の方は、本ゼミに割引でご参加いただけます
*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
*通信で生中継での講義を受講される際には、安定したインターネット環境でご視聴ください。
*動画受講講座のため、課題のフィードバックはございません。

■キャンセルポリシー
お申込み後、お客様のご都合によってキャンセルされた場合、返金対応はいたしかねます。 あらかじめご了承ください。

◆第1講
〔講義〕オリジナルシート「ABCシート」1枚で新しくビジネスを創る
・「ABCシート」は自分のビジネスを創るための極めてシンプルな1枚シート
・門外不出のオリジナルシート「ABCシート」はどういうものなのか?《基本構造》
・「どういうビジネスを創りたいか」から逆算して「ABCシート」で創業計画を一目瞭然化させる《創業計画》
・「GAP」を明確にして、「今あるもの」と「これから得なければならないもの」を棚卸しする《コンテンツとエビデンス》
・「FILL」をリスト化し、それぞれの項目に「〆切」を与えて事業をアクティブ化させる《アクティブ化》
・そのビジネスを創る「インセンティブ」を明確にする《脳の構造とインセンティブ》
・「HAPPY-END」を明確化させて「持続可能性」を担保する《持続可能性》
・「ABCシート」は副業やフリーランスから世界企業まで、どの規模のビジネスにも対応できる《フラクタル化》
・寿命100年時代、誰もがビジネスを持つべき理由
↓(休憩10分)
〔ワーク〕門外不出のオリジナルシート「ABCシート」を使いこなす
◆第2講
〔講義〕コンテンツ主義で「商品開発」のクリエィティブ・フォースを整える
・「ABCシート」で自分が売るべき「コンテンツ(商品/サービス)」を開発する
・「コンテンツ」は、徹底して「○○主体」で設計する《スタンス》
・今から創ろうとしているビジネスの「コンテンツ(商品/サービス)」は自分ができること(CAN)だけとは限らない
・「商品開発」のためのクリエィティブ・フォース(開発チーム)を整える
・商品開発の中でも重要な「プライシング」は「GAP」から最適値を導き出す
・「コンテンツ(商品/サービス)」のラインナップには、誰にも明確な「ストーリー」が必要だ
・「コンテンツ(商品/サービス)」の粗利は、ラインナップ全体で戦略的に考える
・「コンテンツ(商品/サービス)」は、必要に応じて、「派生」と「補完」で広げていく
・「コンテンツ(商品/サービス)」は、失敗とフィードバックを繰り返しながら”微差”で「質」を上昇させる
・理想は「コンテンツの質」の高さでセールスフォースを構築することなくビジネスが”継続的”に成立すること
↓(休憩10分)
〔ワーク〕「ABCシート」で「コンテンツ(商品/サービス)」を開発する
◆第3講
〔講義〕世の中のビジネスの「設計図」を読み解く〔ビジネスモデル研究所〕
・「ビジネスモデル」を”目的”にしてはならない理由
・「ビジネスモデル」で目指すべきは”最適化”である《最適化》
・「ビジネスモデル」の”肝”、「課金モデル」を理解する
・「課金モデル」は”マーケティング回数”が少ないほうが「費用」を縮減できる
・「課金モデル」を”グラデーション”的な構築して「ビジネスモデルのポートフォリオ」を完成させる
・その「ビジネスモデル」ではならない理由を「○○主体」で語れるか?
・「ビジネスモデル」は永遠ではなく、常に変更を考慮して設計する
↓(休憩10分)
〔ワーク〕世の中にある/あったビジネスの「ビジネスモデル」をできるだけ抽出してみる
◆第4講
〔講義〕マーケティング主義で「営業・広告・PR」のセールス・フォースを整える
・コンテンツ主義が理想ではあるが、現実的には「営業・広告・PR」がビジネスが軌道に乗るまでの鍵になる
・「営業・広告・PR」は、徐々にその「費用」を圧縮していくのが理想の形である
・「営業・広告・PR」は、一体化して考える
・「営業・広告・PR」戦略を、「ABCシート」で一目瞭然化させる方法
・「営業・広告」のエビデンスは、神経質なほどに注意してみるべきである
・「営業・広告」で最も注意して見るべき指標は、”費用対効果”である
・「営業・広告」の最適化の完成を目指しながら、絶え間なく”チャレンジ”する心構えを持つ
・「PR」は、相手媒体の”インセンティブ”に留意する
・「PR」で、語るべきことは、できるだけ”一言一句”同一にする
↓(休憩)
〔ワーク〕「ABCシート」で「営業・広告・PR」戦略を組み上げる
◆第5講
〔講義〕「オウンドメディア」をフォーメーション戦略で創り上げる
・「オウンドメディア」は、”フォーメーション”で戦略的に考えなければ機能しない
・SNSをはじめとした、それぞれのメディアには特性があり「長所」と「短所」がある
・世の中で”オワコン”と言われるメディアは、実は終わっていない場合がある
・「オウンドメディア」で難しいのは”日々の更新”である
・「オウンドメディア」は、徹底して「○○主体」で構築しなければならない
・様々なメディアを、とりあえずは試してみる
・流行のメディアが、自分のビジネスを助けてくれるとは限らない
・「オウンドメディア」は、できるだけ自社のスタッフでコンテンツを創り上げる
↓(休憩)
〔ワーク〕「オウンドメディア」のフォーメーションを組み上げる
◆第6講
〔講義〕銀行やステークホルダーから資金を得られる「事業計画書」の創り方〜「数の感覚」〜
・人が網羅できる思考範囲は限られている
・「事業計画書」は、美しくなければならない
・「事業計画書」は、相手が必要としている情報を一目瞭然化させなければならない
・「事業計画書」は、”文字”と”数値”と”絵”、”理想”と”現実”、”楽観”と”悲観”をバランスよく配置しなければならない
・「事業計画書」の”デザイン・ラフ”の書き方
・情報の大部分を「事業計画書」に集約して、添付資料はあくまで「参照」のために用意する
・完成度の高い「事業計画書」は、自ら他者に説明してくれる
・完成度の高い「事業計画書」の元には、自ずと仲間と資金が集まる
・ビジネスにとって最も重要なのは「数値」である
・「数値の感覚」は、失敗を通じて研ぎ澄まされていく
・予算は「掛け算」ではなく、徹底して「足し算」で構築していく
・ビジネスで「エビデンス」として生じる「数値」はあらゆる角度から「レコーディング」する
・「数値」は自分が使いやすい形に必ず”編集”しなければならない
・「数値」の運営は、”持続可能”でなければ意味がない
・銀行員や金融機関の人には「数値の感覚」が筒抜けになる
↓(休憩)
〔ワーク〕「事業計画書」の”構成”を考えてみる
◆第7講
〔講義〕実質1週間で会社を作った際に押さえておいたポイント〜起業手続き実践編〜
・会社の憲法「定款」を作る際のポイント
・登記手続き完了までの「流れ」をチャートで図示しておく
・公証役場で公証人に定款を認証してもらう場合の注意点
・会社法に詳しかったとしても、法務局で事前相談しておくべき理由
・登記の際には、提出書類の「日付」が重要である理由と攻略法
・「会社設立日」と「登記完了日」が違うことを踏まえておくべき理由
・銀行での法人口座の手続きが変わったというのは本当か?
・会社を設立したらまずやらなければならないこと〜届け出〜
↓(休憩10分)
〔ワーク〕「登記完了」までの流れをチャートで作ってみよう
◆第8講
〔講義〕たった 1 人で起業し 10 年会社を経営してわかったこと〜アントレプレナーシッ プ〜
・友達や親類は決して計算に入れてはいけない。助けてくれるのは「○○」である
・最初に必要なのは、異業種交流での名刺ではなく「○○」である
・独立・起業した瞬間から、「○○日」と「○○日」がカレンダー上から消滅する
・最も難しいのは、銀行から融資を受けることではなく、「○○」を取得することだ
・起業当初は、とにかく「○○」を積み上げる。これが後々に財産となる
・重要なのは、短期的にどれくらい稼げるかではなく、「○○」である
・経営に必要な「○○」を導き出し、速やかに遂行できるか。
↓(休憩10分)
〔ワーク〕「アントレプレナーシップ」宣言大会

◯動画受講 インターネットが整った環境であればお好きな時間にお好きな場所で受講頂けます。

*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
*安定したインターネット環境でご視聴ください。
*決済後の返金はいたしかねますのでご了承ください。

超実践「起業ゼミ」

”自分のビジネス”を創り上げる

一般/会員

◾️超実践「起業ゼミ」のポイント

・副業・フリーランスか ら会社起業まで完全対応!
・商品開発→マーケティング→事業計画書→資金調達→会社設立手続き→自分だけのビジネスモデル完成!《全国通信受講対応》

もっと見る 元に戻る

◯こちらの講座は、収録された「”自分のビジネス”を創り上げる超実践「起業ゼミ」」の動画を視聴する、動画受講の形式となります。

■参加費:

一般:¥120,000(税込)

■受講形式
動画受講のみ

*インターネットが整った環境であればお好きな時間にお好きな場所で受講頂けます。

■動画視聴期間
お申込みから1年間

*お申込みから3日以内にご案内メールをお送りいたします。
*「天狼院読書クラブ」の方は、本ゼミに割引でご参加いただけます
*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
*通信で生中継での講義を受講される際には、安定したインターネット環境でご視聴ください。
*動画受講講座のため、課題のフィードバックはございません。

■キャンセルポリシー
お申込み後、お客様のご都合によってキャンセルされた場合、返金対応はいたしかねます。 あらかじめご了承ください。

◆第1講
〔講義〕オリジナルシート「ABCシート」1枚で新しくビジネスを創る
・「ABCシート」は自分のビジネスを創るための極めてシンプルな1枚シート
・門外不出のオリジナルシート「ABCシート」はどういうものなのか?《基本構造》
・「どういうビジネスを創りたいか」から逆算して「ABCシート」で創業計画を一目瞭然化させる《創業計画》
・「GAP」を明確にして、「今あるもの」と「これから得なければならないもの」を棚卸しする《コンテンツとエビデンス》
・「FILL」をリスト化し、それぞれの項目に「〆切」を与えて事業をアクティブ化させる《アクティブ化》
・そのビジネスを創る「インセンティブ」を明確にする《脳の構造とインセンティブ》
・「HAPPY-END」を明確化させて「持続可能性」を担保する《持続可能性》
・「ABCシート」は副業やフリーランスから世界企業まで、どの規模のビジネスにも対応できる《フラクタル化》
・寿命100年時代、誰もがビジネスを持つべき理由
↓(休憩10分)
〔ワーク〕門外不出のオリジナルシート「ABCシート」を使いこなす
◆第2講
〔講義〕コンテンツ主義で「商品開発」のクリエィティブ・フォースを整える
・「ABCシート」で自分が売るべき「コンテンツ(商品/サービス)」を開発する
・「コンテンツ」は、徹底して「○○主体」で設計する《スタンス》
・今から創ろうとしているビジネスの「コンテンツ(商品/サービス)」は自分ができること(CAN)だけとは限らない
・「商品開発」のためのクリエィティブ・フォース(開発チーム)を整える
・商品開発の中でも重要な「プライシング」は「GAP」から最適値を導き出す
・「コンテンツ(商品/サービス)」のラインナップには、誰にも明確な「ストーリー」が必要だ
・「コンテンツ(商品/サービス)」の粗利は、ラインナップ全体で戦略的に考える
・「コンテンツ(商品/サービス)」は、必要に応じて、「派生」と「補完」で広げていく
・「コンテンツ(商品/サービス)」は、失敗とフィードバックを繰り返しながら”微差”で「質」を上昇させる
・理想は「コンテンツの質」の高さでセールスフォースを構築することなくビジネスが”継続的”に成立すること
↓(休憩10分)
〔ワーク〕「ABCシート」で「コンテンツ(商品/サービス)」を開発する
◆第3講
〔講義〕世の中のビジネスの「設計図」を読み解く〔ビジネスモデル研究所〕
・「ビジネスモデル」を”目的”にしてはならない理由
・「ビジネスモデル」で目指すべきは”最適化”である《最適化》
・「ビジネスモデル」の”肝”、「課金モデル」を理解する
・「課金モデル」は”マーケティング回数”が少ないほうが「費用」を縮減できる
・「課金モデル」を”グラデーション”的な構築して「ビジネスモデルのポートフォリオ」を完成させる
・その「ビジネスモデル」ではならない理由を「○○主体」で語れるか?
・「ビジネスモデル」は永遠ではなく、常に変更を考慮して設計する
↓(休憩10分)
〔ワーク〕世の中にある/あったビジネスの「ビジネスモデル」をできるだけ抽出してみる
◆第4講
〔講義〕マーケティング主義で「営業・広告・PR」のセールス・フォースを整える
・コンテンツ主義が理想ではあるが、現実的には「営業・広告・PR」がビジネスが軌道に乗るまでの鍵になる
・「営業・広告・PR」は、徐々にその「費用」を圧縮していくのが理想の形である
・「営業・広告・PR」は、一体化して考える
・「営業・広告・PR」戦略を、「ABCシート」で一目瞭然化させる方法
・「営業・広告」のエビデンスは、神経質なほどに注意してみるべきである
・「営業・広告」で最も注意して見るべき指標は、”費用対効果”である
・「営業・広告」の最適化の完成を目指しながら、絶え間なく”チャレンジ”する心構えを持つ
・「PR」は、相手媒体の”インセンティブ”に留意する
・「PR」で、語るべきことは、できるだけ”一言一句”同一にする
↓(休憩)
〔ワーク〕「ABCシート」で「営業・広告・PR」戦略を組み上げる
◆第5講
〔講義〕「オウンドメディア」をフォーメーション戦略で創り上げる
・「オウンドメディア」は、”フォーメーション”で戦略的に考えなければ機能しない
・SNSをはじめとした、それぞれのメディアには特性があり「長所」と「短所」がある
・世の中で”オワコン”と言われるメディアは、実は終わっていない場合がある
・「オウンドメディア」で難しいのは”日々の更新”である
・「オウンドメディア」は、徹底して「○○主体」で構築しなければならない
・様々なメディアを、とりあえずは試してみる
・流行のメディアが、自分のビジネスを助けてくれるとは限らない
・「オウンドメディア」は、できるだけ自社のスタッフでコンテンツを創り上げる
↓(休憩)
〔ワーク〕「オウンドメディア」のフォーメーションを組み上げる
◆第6講
〔講義〕銀行やステークホルダーから資金を得られる「事業計画書」の創り方〜「数の感覚」〜
・人が網羅できる思考範囲は限られている
・「事業計画書」は、美しくなければならない
・「事業計画書」は、相手が必要としている情報を一目瞭然化させなければならない
・「事業計画書」は、”文字”と”数値”と”絵”、”理想”と”現実”、”楽観”と”悲観”をバランスよく配置しなければならない
・「事業計画書」の”デザイン・ラフ”の書き方
・情報の大部分を「事業計画書」に集約して、添付資料はあくまで「参照」のために用意する
・完成度の高い「事業計画書」は、自ら他者に説明してくれる
・完成度の高い「事業計画書」の元には、自ずと仲間と資金が集まる
・ビジネスにとって最も重要なのは「数値」である
・「数値の感覚」は、失敗を通じて研ぎ澄まされていく
・予算は「掛け算」ではなく、徹底して「足し算」で構築していく
・ビジネスで「エビデンス」として生じる「数値」はあらゆる角度から「レコーディング」する
・「数値」は自分が使いやすい形に必ず”編集”しなければならない
・「数値」の運営は、”持続可能”でなければ意味がない
・銀行員や金融機関の人には「数値の感覚」が筒抜けになる
↓(休憩)
〔ワーク〕「事業計画書」の”構成”を考えてみる
◆第7講
〔講義〕実質1週間で会社を作った際に押さえておいたポイント〜起業手続き実践編〜
・会社の憲法「定款」を作る際のポイント
・登記手続き完了までの「流れ」をチャートで図示しておく
・公証役場で公証人に定款を認証してもらう場合の注意点
・会社法に詳しかったとしても、法務局で事前相談しておくべき理由
・登記の際には、提出書類の「日付」が重要である理由と攻略法
・「会社設立日」と「登記完了日」が違うことを踏まえておくべき理由
・銀行での法人口座の手続きが変わったというのは本当か?
・会社を設立したらまずやらなければならないこと〜届け出〜
↓(休憩10分)
〔ワーク〕「登記完了」までの流れをチャートで作ってみよう
◆第8講
〔講義〕たった 1 人で起業し 10 年会社を経営してわかったこと〜アントレプレナーシッ プ〜
・友達や親類は決して計算に入れてはいけない。助けてくれるのは「○○」である
・最初に必要なのは、異業種交流での名刺ではなく「○○」である
・独立・起業した瞬間から、「○○日」と「○○日」がカレンダー上から消滅する
・最も難しいのは、銀行から融資を受けることではなく、「○○」を取得することだ
・起業当初は、とにかく「○○」を積み上げる。これが後々に財産となる
・重要なのは、短期的にどれくらい稼げるかではなく、「○○」である
・経営に必要な「○○」を導き出し、速やかに遂行できるか。
↓(休憩10分)
〔ワーク〕「アントレプレナーシップ」宣言大会

◯動画受講 インターネットが整った環境であればお好きな時間にお好きな場所で受講頂けます。

*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
*安定したインターネット環境でご視聴ください。
*決済後の返金はいたしかねますのでご了承ください。

天狼院書店店主および『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)著者の三浦でございます。

先日、僕は経営者として、120回目の月末を乗り越えることができました。
2009年4月1日に設立した会社が10年生き延びることができたということです。

様々な言われ方をしますが、僕のように個人が立ち上げた会社は、1年でその大半が実質的に失敗し、3年でそのほとんどがビジネスの世界から姿を消すと言われています。
ところが、フリーターであり、1書店員に過ぎなかった僕が立ち上げた会社を、なぜ10年間存続させることができたのか?
しかも、今なお最近でも160%以上の伸び率をキープできているのか?

(前期決算は、その前の期に比べて、売上高で160%以上の伸びを記録し、黒字決算となりました。今期も160%以上の成長になることが確定的となっております。少なくとも2020年4月以降に新しく3つの新しい天狼院が東京、名古屋、大阪にオープンすることが決まっているため、来期は、それ以上の成長が見込まれています)

それは、完全に独自のアプローチでビジネスを組み上げたからだと思っております。

今回の「起業ゼミ」において、天狼院オリジナルのアプローチを惜しみなく、お教えしよう思います。

起業に必要なすべてを本講座に詰め込みました。

この講座は、「天狼院マーケティング・ゼミ」として始まり、「天狼院起業ゼミ」として数期を経て、「仕事を創るゼミ」となり、そして、今回「起業ゼミ」となりました。
これまで多くの方や企業に本講座を受講いただき、そのフィードバックを受けて、スパイラル的に成長し、”熟成”して来ました。

また、僕が代表取締役をつとめる天狼院書店の運営会社が第 10 期を経たのを機に、例話 元年初月に福岡でまったく違ったビジネスを提供する会社「株式会社インパルス」を立ち上げました。

天狼院を運営しながらまったく新しい会社を立ち上げねばならず、時間が限られていまし た。
実質的には、準備に1週間しかなく、木曜日に飛行機の中で定款を組み上げて、翌週の木 曜日には登記の手続きがすべて完了していました。
つまり、実質的に1週間で法務局に登記された株式会社を作ったわけですが、その方法に ついても、今回のゼミでは新しく、解説したいと思っております。

会社を作るのには、ポイントとコツがあるのです。

そして、新設法人として、天狼院の運営会社とは全く別に、金融機関から融資を得ること ができました。満額の融資決定でした。

そのときに決め手となったのが、事業計画書でした。
これにもオリジナルのメソッドがあり、これも、今回、特別にお教えしたいと思っております。

皆様には、ぜひ、怯むことなく、起業に挑んていただきたいと思っております。
また、本講座は、株式会社まで作る内容ですが、もちろん、副業を考えている人、フリーランスとして食べていきたい人にも完全対応しております。結局は、起業と同じアプローチをしなければ、うまくいく可能性が低くなるからです。

会社を10年経営してきて、言えることがあります。

たしかに、月末を乗り越えて行くのは難しいですが、乗り越えた先には、新しいお客様がいて、好きな仲間たちがいる。

もし、起業していなかったら、新しいビジネスを創っていなかったら、これほど、生きている実感を覚えていなかったでしょう。

起業して、本当によかったと今では思っています。

これほど楽しいことはない。

本講座を受けてくれる皆様は、仲間だと思っております。

一緒に、それぞれ新しいビジネスを打ち立て、世の中に自らの存在価値を問うて見ませんか?

自分がどれくらい世の中の役に立てるか、試してみませんか?

全力で挑み、納得の行く人生を歩んでみませんか?

起業という名の、世の中で最も難しく面白いゲームにみんなで挑んでみましょう。

どうぞよろしくお願いします。

*本講座は、ビジネスの大小を問わず、副業やフリーランスから会社起業まで幅広く対応しております。

講師プロフィール

三浦崇典(Takanori Miura)

1977年宮城県生まれ。株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店店主。小説家・ライター・編集者。雑誌「READING LIFE」編集長。劇団天狼院主宰。プロカメラマン。2016年4月より大正大学表現学部非常勤講師。2017年11月、『殺し屋のマーケティング』、2021年3月、『1シート・マーケティング』(ポプラ社)を出版。雑誌『週刊ダイヤモンド』、『日経ビジネス』にて書評コーナーを連載。2009年4月1日に、「株式会社東京プライズエージェンシー」を設立登記し、その後、編集協力や著者エージェント、版元営業のコンサルティング業等を経て、2013年9月26日に「READING LIFEの提供」をコンセプトにした次世代型書店(新刊書店)「天狼院書店」を東京池袋にオープン。2022年現在までに、10店舗1スタジオを全国に広げて、運営している。現在、雑誌やコミック、電子書籍も含めた自身の月間書籍購入額は15万〜20万円で、読書冊数は月に100冊を超える。【メディア出演】(一部抜粋)NHK「おはよう日本」「あさイチ」、日本テレビ「モーニングバード」、BS11「ウィークリーニュースONZE」、ラジオ文化放送「くにまるジャパン」、テレビ東京「モヤモヤさまぁ〜ず2」、フジテレビ「有吉くんの正直さんぽ」、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』、雑誌『致知』、日経雑誌『商業界』、雑誌『THE21』、雑誌『散歩の達人』など掲載多数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場。雑誌『週刊ダイヤモンド』『日経ビジネス』にて書評コーナーを連載。


最近見た商品