【10/7(土)・1日濃縮版】人生を変える文章教室「天狼院ライティング・ゼミ」1DAY講座《全国通信受講対応》

◾️開催日 2023年10月7日(土) 13:00~15:00

◯東京会場:定員20名
◯名古屋会場:定員20名
◯京都会場:定員28名
◯福岡会場:定員20名
◯通信受講:定員なし

一般:¥11,000(税込)
「天狼院読書クラブ」会員:¥7,700(税込)

◯東京会場 東京天狼院
◯京都会場 京都天狼院
◯福岡会場 福岡天狼院
◯通信受講

下記参照

講師:講師は、天狼院が認定したライティング・ゼミマスターが務めます。
 
〔事前課題①〕
※講義直前に発表いたします。

◆あなたは”なぜ”書きたいのか?
・目的を明確にする思考法
◆あなたはなぜ”書けない”のか?
・読書感想文の功罪
・あなたを縛っている”書けない”という呪縛

◆ ABCユニットがあなたの文章を救う〜コンテンツ/ABCユニット /伝わる方程式〜
・なぜ、面白い文章を書こうと思うと上手く書けないのか?
・文章が苦手だと思いこんでいる人の壮大なる勘違い
・「書く」というメカニズムを目で理解しよう/伝わる方程式
・ストレス行為である「読むこと」を読者に推進させる方法とは?
・「ABCユニット」の仕組みとは?
*その他の内容項目は講義当日に明かします。
〔ワークショップ〕ABCユニットを作ってみよう

〔事前課題②〕
※講義直前に発表いたします。

◆ 書くことはサービスである〜サービス/リーダビリティ/ポジ抜け 〜
・書き手と読み手の相対的位置関係を理解する
・誰がために書くのか?〜書き手の承認欲求の処理〜
・ポジ抜けと好感度の関係性
・そして、読者はあなたの文章のファンになる
・文豪はなぜ文豪たりえたのか?
・リーダビリティという名の最強の武器を手にするために
*その他の内容項目は講義当日に明かします。
〔ワークショップ〕文豪の名文を書き写す「文ラボ」

◆まとめ なぜ「ライティングゼミ」は書籍化しないのか?


*毎回、講義を生中継! 店舗で受けるのと同じペースのスケジュールで、現地の熱そのままにリアルタイム受講ができる
*ワークショップでは、通信の人どうしでも意見交換ができる。出た意見は、会場のスタッフが代わりに読み上げて発表

※必ず、注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。
・勧誘、営業活動を目的とされる方の参加は、固くお断りいたします。勧誘、営業目的で参加されている事が発覚した場合、以降のイベントへの参加をお断りさせていただき、もしくは退室していただく事があります(その場合でも、参加費の返金はいたしません)ので、ご了承ください。
・有料・無料に関わらず、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。
・本講座の著作権は、講師および株式会社東京プライズエージェンシーに帰属します。内容の全部または一部を、他媒体に無断転載することを固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。
・全ての講座の受講になります。単講座での受講、途中解約は致しかねますので、ご了承の上、決済にお進みください。
・決済後の返金は承っておりません。

【10/7(土)・1日濃縮版】人生を変える文章教室「天狼院ライティング・ゼミ」1DAY講座《全国通信受講対応》

〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

参加会場を選ぶ

◾️【1日濃縮版】人生を変える文章教室「天狼院ライティング・ゼミ」1DAY講座のポイント
・「ライティング・ゼミ」本講座の”極意”が、1日で学べる!
・認定を受けた”グランドマスター”がしっかり講義!
・フィードバック権・2回分付き(週1✖️2回)、合格を勝ち取ったら「WEB READING LIFE」に掲載!
・今講座を受講の方は、「ライティング・ゼミ」本講座が割引で受講できます!
 

 受講者数累計10,000名様超!人生を変える文章教室「ライティング・ゼミ」の1日濃縮版!

「いきなり4ヶ月の講座はちょっと……」

そう思ってらっしゃる方へ、1日で「ライティング・ゼミ」の内容が学べる【濃縮版】としてお届けいたします!
 
私たちは毎日、膨大な量の「ライティング」を要求されます。
メールでも、企画書でも、ブログでも、事業計画書でも、スピーチでも、営業でも。
実は、ライティングさえ身につければ、人生が広がる可能性は大いにあるのです。
 
詳しくは、こちらのページをご覧ください。
このページを読むことが、あるいは、あなたにとって、人生を変える第一歩になるかもしれません。

もっと見る 元に戻る

◾️開催日 2023年10月7日(土) 13:00~15:00

◯東京会場:定員20名
◯名古屋会場:定員20名
◯京都会場:定員28名
◯福岡会場:定員20名
◯通信受講:定員なし

一般:¥11,000(税込)
「天狼院読書クラブ」会員:¥7,700(税込)

◯東京会場 東京天狼院
◯京都会場 京都天狼院
◯福岡会場 福岡天狼院
◯通信受講

下記参照

講師:講師は、天狼院が認定したライティング・ゼミマスターが務めます。
 
〔事前課題①〕
※講義直前に発表いたします。

◆あなたは”なぜ”書きたいのか?
・目的を明確にする思考法
◆あなたはなぜ”書けない”のか?
・読書感想文の功罪
・あなたを縛っている”書けない”という呪縛

◆ ABCユニットがあなたの文章を救う〜コンテンツ/ABCユニット /伝わる方程式〜
・なぜ、面白い文章を書こうと思うと上手く書けないのか?
・文章が苦手だと思いこんでいる人の壮大なる勘違い
・「書く」というメカニズムを目で理解しよう/伝わる方程式
・ストレス行為である「読むこと」を読者に推進させる方法とは?
・「ABCユニット」の仕組みとは?
*その他の内容項目は講義当日に明かします。
〔ワークショップ〕ABCユニットを作ってみよう

〔事前課題②〕
※講義直前に発表いたします。

◆ 書くことはサービスである〜サービス/リーダビリティ/ポジ抜け 〜
・書き手と読み手の相対的位置関係を理解する
・誰がために書くのか?〜書き手の承認欲求の処理〜
・ポジ抜けと好感度の関係性
・そして、読者はあなたの文章のファンになる
・文豪はなぜ文豪たりえたのか?
・リーダビリティという名の最強の武器を手にするために
*その他の内容項目は講義当日に明かします。
〔ワークショップ〕文豪の名文を書き写す「文ラボ」

◆まとめ なぜ「ライティングゼミ」は書籍化しないのか?


*毎回、講義を生中継! 店舗で受けるのと同じペースのスケジュールで、現地の熱そのままにリアルタイム受講ができる
*ワークショップでは、通信の人どうしでも意見交換ができる。出た意見は、会場のスタッフが代わりに読み上げて発表

※必ず、注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。
・勧誘、営業活動を目的とされる方の参加は、固くお断りいたします。勧誘、営業目的で参加されている事が発覚した場合、以降のイベントへの参加をお断りさせていただき、もしくは退室していただく事があります(その場合でも、参加費の返金はいたしません)ので、ご了承ください。
・有料・無料に関わらず、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。
・本講座の著作権は、講師および株式会社東京プライズエージェンシーに帰属します。内容の全部または一部を、他媒体に無断転載することを固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。
・全ての講座の受講になります。単講座での受講、途中解約は致しかねますので、ご了承の上、決済にお進みください。
・決済後の返金は承っておりません。

何人ものプロライターを輩出している、「ライティング・ゼミ」というものがあるらしい。


そんな噂を聞いたのは、コロナでほとんど全ての仕事が休業になり、突然暇になった時期でした。

「書けるようになるのかな……僕でも」
頭の中には、そんな言葉がすぐに過ぎりました。実は昔、ライティングに挑戦し、挫折したことがあったからです。

しかし、僕の中で”ワクワク”が勝ちました。勇気を振り絞って、問い合わせをし、ライティング・ゼミの門を叩きました。


10000名様以上の方が受講した、「天狼院ライティング・ゼミ」本講座には、華々しい実績があります。

まずは、現在ライターとして活躍し、ご自身の著書も出版されました「川代紗生」さん。

国際教養学部という階級社会で生きるということ《川代ノート》

この記事だけで7万PVのアクセスがありました。
その文章力を活かして、カフェメニューの告知記事を書いたところ、それがバズって『激レアさんを連れてきた』(テレビ朝日/2021年2月)に取り上げられました。

元々は、スタッフ教育の一環として教えていた内容だったそうです。

あまりにもご要望が多いので、仕方なく講座を開いたら、その”極意”を使って受講生の方が書いた記事がハイパーバズを起こしました。
その記事が、こちらです。

結婚しても男が「イクメン」や「カジメン」に絶対になってはならない理由

Facebookの「いいね!」が実に6万6千超! もはや、桁違い。
ぶっちゃけますと、この1記事で、なんと、170万PV以上のアクセスがありました。1・7・0・万・P・Vです!

なんでも、業界内では
「困ったら、天狼院のライティングゼミを受けにいけ」ということが囁かれているとかいないとか。

〈新聞各社から取材を受けました!〉

*2015年2月4日『日経新聞』夕刊

*2017年11月25日『読売新聞』夕刊

*2016年10月27日TVQ九州放送『ルックアップふくおか』

僕も、どんどん書くことにハマっていきました。
いつしか天狼院書店に入り浸り、スタッフにまでなってしまいました。


しかし、ずっと抱えていたモヤモヤがありました。


あの時の僕には、4ヶ月の「ライティング・ゼミ」本講座の申し込みボタンを押す勇気があった。
でも、その勇気が出ない人がいたら、こんなに楽しいライティングの世界に、その人は触れることができずにいるんじゃないだろうか。

もっと、この「天狼院ライティングゼミ」を気軽に参加できるものにするには、どうしたらいいのだろうか。
かつ、短い時間でも参加者の方に”圧倒的に有益なもの”を持って帰ってもらうにはどうしたらいいだろうか。



そこで今回企画したのが【1日濃縮版】「天狼院ライティング・ゼミ1DAY講座」です。


天狼院スタッフ兼ライターであり、ライティングゼミ考案者の三浦崇典から認定を受けた”ライティング・グランドマスター”である、わたくし・石綿大夢が講義を行います!

ライティングゼミの中でも、特に重要な論点をギュギュッと詰め込みました!

この【1日濃縮版】にご参加くだされば、ドーンと満足できるような、そんな講座が仕上がっております!

「聞きっぱなし」で終わらないように、後半にはワークショップもご用意しました。

書くことを実践して習得していただくために、週1×2回、Web天狼院書店への「投稿チャレンジ権」も付いてきます!



「いきなり4ヶ月の講座はちょっとハードルが高い……」

そう感じてらっしゃる方に、是非ご参加いただきたい。


僕らの生活は「ライティング」で溢れています。
レポート、論文、報告書、メール、ブログ、SNS……。

書くことから逃れないのなら、書くことを”楽しく”してしまいましょう!


さぁ準備はいいですか?

1日で、「天狼院ライティングゼミ」の”極意”を持って帰っていただきます!

皆様のご参加、お待ちしております。

*ゼミ開催時の様子

※今講座は、認定を受けたライティング・グランドマスターが講義を行います※

講師プロフィール

いしわた   ひろむ
石綿 大夢

1989年 神奈川県生まれ

天狼院書店スタッフ、ライター、俳優、演出家、ワークショップファシリテーター。天狼院書店「名作演劇ゼミ」講師。
明治大学文学部・演劇学専攻卒業、また同大学院修士課程修了。

2021年6月より「人生を変えるライティング・ゼミ」に参加。同年10月、上級クラス「ライターズ倶楽部」に合流。
継続的に執筆を続け、『WEB READING LIFE』にて記事を掲載。
2023年6月、天狼院書店スタッフに合流。またライティングゼミ考案者・三浦崇典から、”ライティング・グランドマスター”に認定。三浦の講師引退を受け、ライティングゼミの講師となる。


最近見た商品